精霊伝説ヒューディー

『大地上』…文字通り無限に大地が広がる世界。人間・精霊・竜・獣人・機器人・邪魅、様々な種族が存在している。ヒューディーは精霊でありながら、その出生から、人間の属性を大きく引きずった半人半精霊。恩人を它省【ターしょう】特捜局副隊長玄明【ジュアミン】に殺され、復讐と自分探しのために它省首都它蕃【ターファン】に向かう。它蕃で、ヒューディーは、治安局の弾圧に抵抗する咬素【ヤオズ】ら河川組合の抗争に係わり、它蕃の政治的権力中枢”大内裏”に、精霊と相反する邪魅の存在を察知し、敵対する。河川組合のアジトでヒューディーは、初めて健全な精霊、香魂【ジャハン】と出会い、精霊の基礎を学ぶ。なぜ它蕃の邪魅に対抗しないのかと憤るヒューディーに、精霊は元来、他種族に干渉できないものだが、人の属性を持ち、「殺劫を持つ精霊」であるヒューディーだけが、精霊として人間社会に係わることができる、この街の邪魅と戦う役割はヒューディーにあり、それを倒した時に本当の精霊に成るのであろうと諭す。ヒューディーは、大内裏との抗争のなか、特捜局長仇生【チュセン】の放った制精霊禁詛弾に倒れてしまう。だが人間部分が畏怖で抑えていた精霊部分のタガが外れ、巨大炎官形態で顕現、軍の戦艦を瞬殺、内陣に居た多数の神官・近衛の呪詛をものとせず、それらごと大内裏を巨大な結界で封じた。

地球防衛少女イコちゃん

河井(かわい)イコは地球防衛隊(LTDT : ライト・テラストリアル・ディフェンス・チーム)日本支部(本部はパリ)でアルバイトしている普通の女子中学生である。そんな彼女が、地球で宴会して酔った宇宙人ミラクルマンからスーパーインカムというヘッドホン型の超能力兵器をもらってしまう。スーパーインカムは彼女が身に付けて「オ・ネ・ガ・イ」をすればすべてかなってしまうという恐るべき兵器だった。それから、地球をねらう宇宙怪物と地球防衛隊(LTDT)の戦いでイコちゃんは大活躍をするようになる。最後の戦いでスーパーインカムはミラクルマンの手に戻り、イコちゃんは普通の女の子に戻る。でも、地球防衛隊(LTDT)でのアルバイトは続けるのだった。

宇宙英雄物語

魔法やエーテルの存在する異世界から来た祖父を持つ主人公が、宇宙船“星詠み(フォーチュナー)号”を受け継ぎ、祖父の故郷“真なる太陽系”に移って悪と戦うファンタジー・スペースオペラで、全編がドタバタコメディで展開される。

ラプラスの魔

1924年アメリカは、ボストン近郊にある、片田舎の街、ニューカム。この、何の特徴も無い寂れた街で、恐ろしい事件が起こった。町外れにある幽霊屋敷を探索に行った2人の少年が、無残な姿で殺され、一緒にいたエイミーと言う少女が行方不明となったのだ。アメリカ中の注目が、このセンセーショナルな事件に集まった。警察は、大々的に捜査を行ない、新聞も、連日の様に事件の情報を求める記事を載せた。にもかかわらず、手がかりは何一つ無く、謎は深まるばかりだった。しかし、街の人達は、幽霊屋敷の持主であり、今は行方不明となっているベネディクト・ウェザートップが犯人だと、噂しあっていた。そして君は、不可解な事件に興味を覚え、調査する為に、ニューカムの街を訪れたのであった。

ドラゴンウォーズ

惑星オセアナ。その惑星の一つに浮かぶ大陸ディルムン。その大陸内に位置する最大の王国キングスホーム国王ドレイクの気がふれた。それはディルムン大陸に戦慄が走る瞬間だった……。

ちぇりーげいる金

…短絡、直情径行にある、熱血馬鹿! 素行不良の正義の味方。遠山の金さんの様な女子高生 遠山冴藻。ある時、自分の祖母が北町奉行所のお奉行であることを知り、それを継承する事になってしまいました。果たしてスケバンの冴藻はお奉行が務まるかどうか…?

ソーサリアンシリーズ 天の神々たち

ある日、山岳地帯の村々から、数多くの人々がペンタウァへ助けを求めにやって来た。「神が天罰を下された…」彼らは口々に叫んだ。事の真偽を確かめるため、ソーサリアンは神々が住むという山へ向かった…。

ストライダー飛竜

絶対の防衛力を誇るロシア帝都に潜入したひとりの暗殺者がいた。彼の属する“ストライダーズ”はどんな依頼であっても応じる戦闘、諜報のプロフェッショナル集団であり、彼は今最も重要かつ危険な任務についていた。その任務とは、全世界を支配する謎の冥王“グランドマスター”を消すことであった。全世界、全人類はすでに“グランドマスター”の支配下にあった。偉大なる冥王に対する最後の反逆者である彼は、その鍛え抜かれた体技によって、帝都の伽藍を登り、兵を斬り倒し、高層ビルの谷間を飛び渡る。彼の名は飛竜-。