我ら九人の甲子園

甲子園とは、金と女と陽子の愛だ!! 九人きっちりの秋葉高校ナインは、剛腕小林投手のもと、血の滲む練習と破天荒な行動で、甲子園目指して青春の情熱をぶつける―――。芥川賞作家・高橋三千綱初の書き下ろし原作をかざま鋭二が描く痛快野球マンガ!

別れたら好きな人

夫の浮気が原因で離婚した主人公は、鍼灸院を営む実家に戻りエステティシャンを目指す。ところが、元夫の勤めていた証券会社が倒産し、元夫が主人公の実家に転がり込んできた。そこへ元夫の浮気相手の嫌がらせなどいろいろなことが起こり…。離婚後の男女関係をコミカルに描く。

若者たち

漫画、詩、歌、文学、絵画…それぞれに芸術の志を持つ五人の若者たちが、狭いアパートの一室に集った。それぞれの夢と現実が織りなす、青春の歓びと苦味がたっぷりつまった濃厚な群像劇!

迷走王 ボーダー

家賃三千円だと言う住まいは、なんとアパートの元共同便所! 10年間大陸をさまよい続けたこの男には世間のルールは通用しない! そう…本当は冴えた男なのに、世の中のうっとおしいことをパスするために、馬鹿を装ってブラブラしてる…。現代社会に棲む“集団意識”という名の悪魔に食われそうになっても、決して物事の本質は1つではないということを忘れないで欲しい。世を撃つ、奇跡の人生哲学マンガです!!

星をまちがえた女

宇宙から地球に来訪したコンマという女が女流漫画家の松井スマ子を急襲して始まる不条理コメディ。

ぼくたちの疾走

1980年代の青春バイブルといえばこの作品!友情、恋愛、進学、死など、十代後半に人間が抱える、様々な悩みにぶつかり成長していく主人公と、その周りの人々のストーリーを熱く描く!

ふるさと

杉村良平は2人の子どもを連れ、生まれ故郷の秋田の日暮村にUターンする。妻との離婚を機に帰郷して農業を営むためである。良平は幼なじみの高山政信の助けを借りながら農業に挑戦する一方子供達にふるさとのぬくもりを教える。最初は東京との生活環境の違いに戸惑う太平とミズナだったが村の生活にだんだんとけ込んでゆく……。

光海岸で待つ

とある太陽系。『星の壁』と呼ばれる小惑星帯で隔てられている、火の星と金の星。小惑星帯は空間の歪みや乱れがあって、様々な障害をもたらしている為、両者の交流はなかった。その『星の壁』を若者たちは光海岸と呼んで、ワープの波乗りを楽しんでいる。火の星の赤星宙也は、その大波に挑戦して小惑星帯を突破し、自然溢れる小惑星・エデンを発見した。そこで出逢ったのは、金の星の美少女・星海堂ヒカリと、人懐っこい巨大ゴキブリのギギ。その後閉鎖された『星の壁』だが、宙也の友達・ジョンジョンが、エデンからギギを連れ帰ってしまい大騒動に!

遥かなる甲子園

良心の作家・山本おさむが描いた障害児たちの高校野球。障害を乗り越えて野球に青春をぶつける姿を、深い理解と愛情で綴った感動巨編。手話の普及に貢献した作品。

バラの戦士

紅運輸はかつては一流の運輸会社だったが今は見る影もない。警察をも丸め込んだ空コンツェルンの卑劣な手で乗っ取られたのだ!恨みを晴らすべく立ち上がった紅一族の猛者たちは空コンが事実上支配し本拠地としているアラブの産油国へ奇襲攻撃をかける計画を立てる。米軍から盗み出した銃器でゲリラのごとく訓練を積んでいたが、そこへ空コンのヘリがやって来て容赦ない銃弾を浴びせかける――!!