YUMEMI白書

主人公は、中学一年生の花都夢実(はなと・ゆめみ)。幼馴染みで初恋の相手である一歳年上の火野現人(ひの・あらと)と文通していた彼女が、彼と同じ学校に通うために、彼が生徒会長を務める月星学園中等部へと転校してくるところから物語は始まる。しかし、現人は育った家庭環境故に女嫌いになってしまっており、夢実を目の前にすると反射的に拒絶反応を見せてしまう。そんな二人が、様々な事件を通じて少しずつ距離を詰めていく過程が描かれていく。