SISTER RED

武田真人は、イトコの武田エリカと父親との3人暮らしをしている、非凡な格闘センスを持つ女子高生。ある日、真人は車に轢き逃げされ、絶命する寸前に謎の女性の姿を見る。なぜか傷ひとつない体に戻っていた真人は、変な夢を見たのだと自分を納得させていた。だが、再び真人の前に姿を見せた謎の女性は、自分の名をアリスと名乗り、そして自らが「夜族」であると語る。そして彼女は、真人に「スカーレットの心臓」の半分を埋め込んだと告げる。真人は、図らずも手に入れた特殊能力を使い、アリスと共に「夜族」との戦いに身を投じていく。