NEWSMAN

毎朝新聞の記者睦峰雄は組織やタブーを省みず取材し、記事を書き続ける。ジャーナリズムを死なせないために。当初は孤立しがちだったが、回を追うごとに理解者が少しずつ増えていく。