MUDDY

キメラ研究所を追い出されて放浪していたキメラ学者のクレイは、立ち寄った古びた研究所で、キメラ人間の製造に偶然成功する。クレイは、見た目は子供のようなそのキメラ人間に「マディ」と名付ける。クレイはマディと生活を送るにつれ、マディが生まれたばかりでまだ何も物事を知らないこと、そして教えればその知識を吸収することに気付く。そこでマディの生みの親として様々な経験をさせねばと思い立ったクレイは、マディに人間らしい生活を教えるため、彼と共に旅に出ることになる。