JUDOしてっ

黄鶏中学の柔道部は、成績を残せないでいたために廃部の危機にあった。校長の弱みを握ることで廃部を免れた柔道部の顧問・下福部は、生徒一人である日高に柔道の資質を感じ取り、嫌がる日高を追いかけて勧誘する毎日であった。