G・ボーイ

アフリカでナイトクロウと呼ばれる凄腕のゲリラ戦士は、処刑寸前で日本政府に命を助けられ、矢藤丸として聖芽流瀬学園に転校してくる。以前は名門校だった聖芽流瀬学園は、現在では荒れ果てて暴力がまかり通る学校へと変貌してしまっていて、その聖芽流瀬学園を元の名門校に戻すために丸は使わされたのだった。早速、悪の巣窟といわれるZ棟に入れられた丸は不良どもに絡まれるのだが、ナイフなど見ても全く動じない丸に不良どもは戦慄するのであった。