Fの閃光 -アイルトン・セナの挑戦!!-

物語は1991年、アメリカ・アリゾナ州でのF1グランプリ第1戦から始まる。「音速の貴公子」アイルトン・セナは所属チームマクラーレン・ホンダのニュー・マシンに初めて乗っての参戦だったが、難なく優勝を手にした。次に彼はブラジル・サンパウロで開催される第2戦決勝へと進んだ。セナはデビュー以来7回も出身国であるブラジルで戦っているが、まだ一度も勝ったことがなかったのだ。