DOLL MASTER

手芸店でアルバイトをしながら趣味の人形づくりをしていた辻本雛子はある日凄腕のフィギュアモデラー久具津巧と出会い、おしかけ同然で弟子となりフィギュアモデラーとしての道を歩み出した。弟子を取る気はないといやがる久具津だったが雛子の情熱に負け少しずつ技術を教え始める。しかし、久具津の家は代々人形師を生業としており一族のつくる人形は数々の奇跡を生み出す人形として知る人ぞ知る作品だった。奇跡の人形を巡ってさまざまな物語が展開される。