Derby Queen

ジョッキーだった父をレース中の落馬事故で亡くした大友 緋芽。10年後、競馬とは無縁の生活を送っていた緋芽だが、偶然、父の落馬の原因となった人物の息子・荒川 仁がダービーに出場することを知る。当日、競馬場に足を運んだ緋芽が見たのは、亡き父の果たせなかった夢“ダービー制覇”を成し遂げた仁の姿だった。父の無念を晴らしたい、仁に勝ちたいという思いから、母の反対を押し切り、入学した高校を中退。難関試験をくぐり抜け、JRAの競馬学校へ入学する。厳しい訓練が続く中、同じくジョッキーを目指す唯野 良平と支え合い、迷いながらも懸命に励む緋芽。そして、実習で訪れた厩舎で、父の仇と再会する。