DEATH EGDE

神の国で暮らす天使にとって、平和すぎる楽園は同時に退屈な世界でもあった。楽園に飽きた一部の天使は、地上世界に降りてきて、ある悪戯をした。それは人の心に侵食し、人間の欲望を暴走させて楽しむという悪趣味なモノだった。彼らの悪戯は地上では猟奇殺人事件として処理されたが、そのかげで、天使と戦う異形の者たちが地上にはいた。天使を狩る「DEATH EDGE」の闘いがここに紡がれる! 霜月かいり先生が現代を舞台に描くゴシックバトルコミック!!