Clear いつか立ったあの丘で―

行野光一はとある事件を起こしたため、東京から数年ぶりに故郷・春賀島(はるかじま)へ1人で帰ってきた。光一は自分を追って島へやってきた義妹の無月、再会した幼なじみの美姫などと共に日々を送りながら、「吸血種」であり、一部の記憶や感情を欠いている自分自身へと向き合っていく。