BM ネクタール

増え続ける人口によるゴミ問題。そして食料まで足りなくなり始めた日本。そんな中、科学者達は遺伝子工学の技術をつかって BIO・MEAT、通称B・Mを発明した。B・Mはあらゆるゴミを食べて繁殖する生物で、これにより、ゴミを無公害で処分すると同時に食料を供給するという、究極のリサイクル・システムが出来上がった。ある日、関東で発生した小さな地震が小学生・麻綾 完の引っ越してきた東京M市で発生。その日の午後、完たちの小学校に人を喰らい増殖する謎の生物が大量に出現、完の教室とクラスメイトらを除いた全員が食い殺されてしまい……?