BLOODY MAIDEN 〜十三鬼の島〜

20××年×月13日の金曜日、富士見ヶ原女学園の薙刀部、部員12名と顧問の計13名は、B湖に浮かぶ十三鬼島(とをまりみきのしま)に合宿をしに来た。この島は、かつて周囲を荒らした湖族の本拠地であり、捕らえられ処刑された彼らの遺した財宝が隠されているという伝説が残っていた。自然に囲まれた島でテンションが上がりはしゃぐ少女たち。しかし、合宿初日に謎の人物により顧問の鶴見仁絵が斬殺された。その後も、島に伝わる数え歌になぞらえるようにして、逃げ場の無い孤島で薙刀部の部員たちが次々と殺されていく。少女たちを待ち受ける運命は?