15 1/2 FIFTEEN HALF

今から30年前の1982年――。青春真っ盛りの俺は“中学浪人(チューロウ)”だった。15歳、最も多感な時代を地方都市・大分で、チューロウとして過ごした俺。普通の人にとってはマイナスでしかないだろう1年。でもそのマイナス1年が、今の俺という人間を作った。ところで今の俺は、幸福だろうか? 2013年の俺は、もう一度、1982年の俺に会いに行く。『しっぷうどとう』『月明星稀 -さよなら新選組-』の盛田賢司が描く自伝的青春譜!!