14歳の季節

森川霞は中学3年になったばかり。霞の学校に新任の教師として、なんと建一兄きがやってくる。そんな中、新しいクラスに入って驚いた。なんと霞そっくりの男の子がいたのだ。顔はもちろん、背かっこうも同じ。そして名前が森川勇弥と、これまで似ている。たちまちクラスの注目を引いて、二人そろってクラス委員にされてしまった。そんなわけで、二人は会えばケンカばかり!!