黒騎士物語外伝

1943年秋、東部戦線のロシア南部の名も無い村はずれに駐屯していた第8中隊に、補充兵のクルツ・ウェーバーが到着する場面から物語は始まり、ドイツ敗戦まで東部戦線を生き抜く様を描く。