魚人荘から愛をこめて

高校生の大山はる美は小学4年の時に母親、そして高校2年の時に父親を亡くし、会った事もない祖母の金を頼って魚人荘を訪れ、妹加代と出会う。新しい生活が始まるかと思いきや、翌日には金が死に、突如妹一人を抱えた状態で魚人荘の家主となってしまう。癖のある住人に囲まれながらも、妹加代の為にと奮闘するはる美の日常が始まった……。