魔界学園

最強の護衛団“烈鬼”を擁する帝高校に、黒門高の生徒が奇襲をかけ、帝高のマドンナ・氷河めぐみを連れ去っていった。そんな中、帝高に50年ぶりの転校生・檀隼人がやってくる。只者ではない雰囲気を持つ隼人は、烈鬼たちの目にも留まりケンカになるのだが、隼人の体はホログラムのように攻撃が通り抜けてしまうのだった。