魔女に白い花束を

15Cから17Cにかけてヨーロッパで実際に行われていた魔女狩り。そんな時代に山間部の小さな村に住み着いた流れ者の親子。グレートリの母は魔女狩りの餌食となって火刑に処せられた。魔女の娘として村人から冷たい目で見られたグレートリだが、アイロスをはじめとして温かく見守る人たちに囲まれて何とか暮らしていく。が、アロイスがグレートリに抱く気持ちが妹へのものではなく、一人の女性として、愛情を持っていることに気付いてから、アロイスを好きな村の有力者の娘のスティーナはグレートリを憎み、ついには…。