風の宿

獣医の鹿間一成は、お金にもならない車にひかれた捨て猫を治療したことで、他の先生とケンカになり、結果的に辞職することになる。酒が原因で妻にも出て行かれた一成は、育った田舎である月科村へと、妻の連れ子の諷子と一緒に戻ってくる。田舎での生活に慣れない諷子であったが、次第に周りともうまくやっていけるようになるのであった。