風のフィールド

南野風は、交通事故が原因でサッカーの試合中に亡くなった兄を目指し、毎日、兄と同じ特訓を繰り返すのであった。そんな中、兄の恋人だった河井えくぼが、風の通う若鳥高校の教師として赴任してくる。なおかつサッカー部の顧問となったえくぼは、風のサッカーにかける情熱を信じ、部員たちの反対を押し切り、風をサッカー部に入部させる。そして、全国大会の予選が始まるのだった。