青い鳥の伝説

おじいさんから剣道の名門校・鴻徳義塾へ入れと言われた朝倉遊は、遅刻して剣道部の道場へやってくる。遅刻したものは、試合と称して先輩から竹刀で滅多打ちにされていた。遊の番となるのだが、遊は東軍流という見たこともない変わった剣道で、先輩に立ち向かうのであった。ギリギリのところで負けてしまった遊だが、鴻徳義塾剣道部のレベルの高さに興奮する遊であった。