鏡四郎!鏡四郎!

中学生の鏡四郎は、幼馴染の安藤ひろしと幼い頃に結婚の約束をしたので、いまだに安藤ひろしと結婚することを願っている。安藤の方は、男に言い寄られて困惑するばかりであった。