銀狼に孤独をみた

あこぎなやくざ、牛堀の勘吉一家が仕切っている常陸国行方郡潮来。その潮来に、一匹狼のやくざ、通称“潮来の伊太郎”が帰ってくるという噂がたつ。かつて、伊太郎と恋仲であった茶店の娘・お袖もそれを心待ちにしているが、勘吉に強引に手籠めにされてしまう。戻ってきた伊太郎はそれを知って怒り、勘吉一家に殴り込みをかけ、勘吉を切り捨てる。しかしお袖は、手籠めにされてしまった自分を伊太郎の前にさらしたくないと姿を消す。お袖を想う伊太郎は、1人、お袖を捜す旅に出るが、それはあまりにも過酷な旅であった。