通り雨

激しい雨の日、綾子は名前も知らない男に抱かれた。愛する夫がいる身でありながら…。以来、雨の日は彼に抱かれにいく日々が続く綾子。罪悪感に張り裂けそうになりながらも、雨が降るのを待っている自分がいて…。