轟け!鉄骨くん

ある朝、高校生の公一は自分がロボットになっていたのに気づいた! ……が、それはマチガイで、公一の記憶を移植されたロボットが自分だったのだ。そんな僕、鉄骨くん。感情は背中にあるスイッチで簡単に操作され、良心回路に従いつねに善行を重ねる。でもロボットにも思うことはあるよ……。もとの人格である公一が好きだった娘への思い。ロボットとしての在りよう。鉄骨くんは今日も泣き笑いしながら、一所懸命生きてます!!