超機動暴発蹴球野郎 リベロの武田

サッカー好きの武田弾丸は高校1年生の春、サッカー部のある高校を探し求め13回もの転校を繰り返した後、あけぼの高校のサッカー部へ入部する。弾丸はプレー経験の少ない素人ながらもボールへの執着心と運動量が認められて、最後尾のリベロ(ディフェンダー)のポジションを獲得する。あけぼの高校は麻宮道夫や豊臣三郎を擁する黄昏学園高校との練習試合に挑むと、弾丸の超絶プレーもあり善戦するが終了間際に弾丸がオーバーヘッドキックでオウンゴールを決めてしまい敗れる。この試合でリベロとしての自信を得た弾丸は、必殺シュート「バズーカ・チャンネル」を編み出した!