赤ヒ夜

花輪和一のマンガとは、死にもの狂いのアホラシサである。血と、汗と、涙にまみれたアホラシサ。教養の底辺で現実に密着しているこのマンガには、ナンセンスのリアリティがある。