警察署長

主人公・椎名啓介らの推理や頓知(とんち)で解決に導く。取り上げられる事件は殺人・窃盗(スリ)・保険金詐欺・偽装結婚・暴力団関係など多岐にわたり、比較的サスペンス要素が強い。代理母出産(2話・1999年11月4日号)や重機によるATM強奪(銀行強盗)・オレオレ詐欺をストーリーに盛り込むなど(2000年・3巻収録)、時代に対して先見の明があったとされる。