蟹 [つげ義春コレクション 李さん一家/海辺の叙景所収]

郊外のボロ家に引っ越してきた青年が、いつの間にか縁の下に棲みつき、そしてまたどこかへ消えてしまった蟹に思いを馳せる姿を描く。