薔薇の鎖

使用人の息子として鋼(はがね)が家に引き取られてきた八(やっ)つの時、すでに私は彼に惹かれていた。けれど鋼が言うことを聞いてくれるのはただの義務感なの…? 目に見えない鎖にがんじがらめにされてあなたの気持ちがわからない――。