蒼き狼の咆哮

東京のホテルでガードマンが射殺された事件から始まり、続けてアベックが拳銃で撃たれた死体となって発見される。ふたつの事件は同じ銃による犯行で、同一犯人と推測された。特別捜査本部の担当刑事の露口は第三の犯行の現場に駆けつけると、警官を撃ち、自らも負傷した犯人の田島を捕える。露口は犯人が少年であり、抵抗されずに逮捕できたことに放心の思いを感じるが……。