蒼き炎

「明治中期、ある小さな村で二人の赤ん坊が生まれた」という一節から始まるストーリー。一人は地主の長男の川上龍太郎、もう一人は小作人の長男の大山竹蔵であり、二人は小学生の頃から絵を描くことに熱中し、画家になりたいという熱い気持ちから二人とも田舎を捨て絵画の道を歩むが・・・。