華なりと

父親大好きっ子、父の喜ぶ顔がみたくてサッカーに明け暮れている中学生の女の子が主人公。高校もサッカー部のあるところへ進み、目的はなでしこジャパン、と思っていたが、京都への修学旅行で舞妓さんの着付けを経験して以来、心にはいつもの明るく元気な自分ではない、綺麗な自分への願望が芽生えていた。折りしも父親が事故で他界、家計も厳しくなったころから、ヒロインは京都に出て舞妓になることを決意する。しかし紹介や後見人がいなければ引き受けてももらえぬ世界、早々に壁にぶつかるが、持ち前の明るさと努力で道を切り開く。