花のよたろう

なんでも忘れてしまうよたろうは、なにをやっても人より上手くできないので、いつもみんなからバカにされていた。しかしバカにされていることすらわからないよたろうは、いつも笑顔でいるのだった。