臥夢螺館

「ネッ 一緒ニ行コウ?」住人の立ち退きを依頼され、あるアパートの部屋を訪れた弁護士・緑川は、不気味な顔をした“天使”の幻覚に悩まされるようになる。アパートの窓から、パソコンの画面から、理不尽に出現する“天使”たち。彼らは、現実と非現実を自由に行き来し、人の精神に易々と侵入できる存在だったのだ。部屋に踏み込んだ緑川の中に、“天使”たちはまんまと「侵入」を果たす。緑川とともに外に出た“天使”たちによって、恐怖が街中に溢れはじめた。