肥前屋十兵衛

何でも手に入れることができる商人を自負している肥前屋十兵衛は、食べると若返ることができるという延命饅頭を手に入れてきてほしいという依頼を受ける。早速、手がかりを掴んだ十兵衛は、相棒の絨毯と一緒に饅頭があるといわれる城へと向った。中に入ろうとすると、入り口が人型に変形して襲ってくるのだが、何とか裏口を見つけて城の中に入った十兵衛は、そこで依頼人である女がいたので驚く。実は、十兵衛のエネルギーから延命饅頭を作ることがその女の本当の目的で、十兵衛は捕らえられてしまうのであった。