翔の伝説

5歳の少年高見沢翔は元日本テニス王者の父高見沢涼を目指して毎日100本のサーブ練習をして、幼児ながらもテニスプレーヤーとしての素質を身に着けていた。だが翔の同級生の家が彼の嫌がらせに現役プレーヤーたちをぶつけて翔のいるコートを奪おうとする。翔は父と共に挑戦。見事自分たちのコートを守った翔はテニス人生を歩んでいく。