「伝説の女優」の名をほしいままにした故人・淵 透世の娘・淵 累は、母とは似ても似つかない醜い顔が原因で、周囲の人間から心無い仕打ちを受け続けてきた。小学校の学芸会で演劇を巡っていじめを受けた累は、生前の母の言葉を思い出して形見の口紅を塗り、いじめの首謀者の美少女に口づけをしたことで、口紅に顔を入れ替える力があると知る。同時に、口紅の力で脚光をあびた累は、母も他人の顔を奪っていたと直感する。その後もいじめられながらも、口紅の力で舞台に立つことや美貌から得る喜びを経験した累は、18歳を目の前にしたある日、母の協力者・羽生田 釿互と出会う。そして彼に導かれるまま、眠り姫病を患う美人女優・丹沢 ニナとの出会いを経て、女優として頭角を現し始めた。一方で、累の異母妹で、本物の淵透世の娘である野菊は、父親の呪縛から解き放たれていた。彼女は母からすべてを奪い死に追いやった誘と誘と同じことを繰り返している娘である累を憎み、復讐を誓い動き出していた。