紅い花

ストーリーは、釣り人である主人公の男性と、山中の小さな売店で店番をしているキクチサヨコとの出会いから始まる。キクチサヨコは、良い釣り場を訪ねる主人公に、同級生のシンデンのマサジを紹介する。マサジはサヨコに想いを寄せながらも、いたずらや意地悪でしかそれを表現する術を知らない少年だった。