神さまのいない日曜日

人が生まれず死者が死ななくなった世界で死者に安らぎを与えられる唯一の存在・墓守。12歳で墓守をつとめる主人公・アイは村人たちと穏やかな日常を過ごしていた。だがアイの住む村には大きな秘密があった――。