瞬きもせず

「ある日 気がついたら 恋をしとって それは 空を見ているのに似ていて うちには かかえきれんやった」 ――かよ子の切ない胸のうちのときめきは、女の子なら誰しもが知っている、あの、言葉には言いつくせない想いなのです。