白い戦士ヤマト

闘犬を描いた作品で、主人公は秋田犬であるヤマトだが、主人公でありながら言葉を発しない(その代わりナレーションで補っている)という極めて珍しい作品である。