番長惑星

けんかに明け暮れていた竜は、多数の相手に襲われた時、稲荷の後ろの木のうろに逃げ込んだのだが、うろの中に落ちてしまう。うろから出てきた竜を待っていたのは、自分の見知った世界とは違うパラレルワールドだった。警官はすべてロボットであり、夜間出歩いているものは殺されてしまう世界で、竜の生活が始まる。