獣星記 ギルステイン

15歳・中学3年生の少年が、自分の家族を惨殺するという事件が続発。瀧川伊織も今、同じく15歳だ。しかも彼は最近、自分が怪物になって家族を殺してしまうという夢をよく見る。そしてその夢の中には、いつも宙に漂う女の子も出てきていた…。学校で伊織は、県警本部長の息子である今関から、事件の真相に関する噂を聞く。各地で多発している事件は、実は怪物によるものらしい。15歳の少年が突然怪物に姿を変え、家族を襲うというのだ。その日の帰り、友人の菊地と共に不良グループに襲われた伊織は、思いもよらない事態に遭遇する。