熱球讃歌

弱小チームの城北ペガサスの前にフラリと現れた的場純は、そのチームの不甲斐なさを嘲笑して去っていく。最初は怒っていた選手達だったが、純のスーパープレーを見てチームに入ってほしいと願うようになる。一方、純の父親で元野球選手の哲男は、城北ペガサスのコーチを買って出る。