熱球の虎

中学時代、名投手として名をはせた生駒虎吉は、野球では全くの無名校である武蔵水産高校へ入る。弱小野球部ではあったが、背中に刺青をした緒崎監督の下、元番長の白岩などが加わり、次第に戦力が整っていく。熱血高校野球漫画。