熊野先生

命よ、輝け。患者の容態が急変した。もはや患者を助ける手段は、日本では禁止されている脳死臓器移植しかない。法律も倫理委員会も無視し、患者の命を助けるために熊野先生はその唯一の方法を選択する。